天日の下でうま味凝縮 煮干し作り最盛期/八戸

せいろに敷き詰められたセグロイワシ=19日、八戸市市川町の水産加工団地
せいろに敷き詰められたセグロイワシ=19日、八戸市市川町の水産加工団地
八戸前沖で取れたセグロイワシ(カタクチイワシ)を原料とした煮干し作りが最盛期を迎えている。八戸市市川町の「中商」(中道栄治代表)では19日、作業員が早朝に水揚げされたばかりのイワシを煮た後、手際よくせいろに広げ、天日干しにしていた。 今季の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら