青森県内10~15歳 13%が「抑うつ症状」/弘大院の足立准教授ら研究

青森県内に住む10~15歳の子ども7765人のうち、13・6%に当たる1032人に抑うつ症状が観察されたことが、弘前大大学院保健学研究科の足立匡基准教授(36)らの研究で分かった。思春期にうつ病を発症すると、その後も症状が継続する例が多い一.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら