「公募すべき」声多く 自民青森県連、弘前で意見聴取/次期参院選・候補者選考

2022年夏の参院選に向けた自民党青森県連の候補者選びで、公認候補者選考委員会は17日、弘前市で同党の衆院第3選挙区支部の市町村支部長と幹事長から意見を聴取した。候補者の選考方法として、公募にすべきだとの声が多かったという。今後、1区と2区.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら