AEDの使い方など学ぶ 川内中(五戸)で救命講習会

応急処置の方法を学ぶ生徒
応急処置の方法を学ぶ生徒
五戸町立川内中(佐藤和俊校長)で12日、普通救命講習会が開かれ、3年生29人が自動体外式除細動器(AED)の取り扱いなど応急処置に理解を深めた。 同校は一昨年、全校生徒による少年消防クラブを結成。講習会は、生徒が地域防災の担い手として、救急.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら