輸出用日本酒向け酒米管理に本腰/二戸の生産者

輸出用の「輸酒」の表示を付け、他のコメと区分して倉庫で管理している=16日、二戸市
輸出用の「輸酒」の表示を付け、他のコメと区分して倉庫で管理している=16日、二戸市
新型コロナウイルスの影響で日本酒の国内外での需要が減少する中、二戸市内で酒造好適米「ぎんおとめ」を手掛ける生産者が、輸出用日本酒の原材料となる酒米生産の管理に取り組んでいる。国が本年度新たに追加した輸出用酒米に対する交付金を受けるため、酒造.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら