Free朝のニュースダイジェスト(10月17日)

【新たに26人感染】
 青森県は16日、弘前と五所川原、青森市の3保健所管内で26人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。いずれも感染が相次ぐ弘前市の飲食店クラスターなどの関連。

【カウントダウンポスター登場】
 東北新幹線開業10周年を迎えるのを前に、JR七戸十和田駅は16日、駅待合室前にカウントダウンポスターを設置。12月4日までの50日間、毎日めくり、駅の歩みをたどる。

【高校生の採用選考スタート】
 来年3月に卒業する高校生を対象とした企業の採用選考が16日、全国一斉に解禁され、青森県内でも採用試験が行われた。新型コロナの影響で例年より1カ月遅れのスタート。

【コロナの医療、経済支援要望】
 下北地域5市町村などで構成する下北総合開発期成同盟会は16日、青森県に対する重点要望を県庁で行い、新型コロナウイルスの影響を受ける医療や経済への支援を求めた。

【冬期間の安全作業誓う】
 東日本高速道路八戸管理事務所は16日、八戸自動車道八戸インターチェンジ内にある同事務所で、除雪などを行う車両の出動式を行い、約70人が冬期間の安全作業を誓った。