P3C部品紛失問題、八戸市長が海自に再発防止要請

海上自衛隊八戸航空基地第2航空隊所属のP3C哨戒機が部品の一部を紛失した問題で、八戸市の小林眞市長は16日、海自第2航空群の降旗琢丸司令に対し、再発防止や原因究明などを文書で要請した。 部品が基地外に落下した可能性があることから、要請文では.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら