天鐘(10月16日)

俳人・楠本憲吉の魚の食べ方は徹底していたそうだ。身をきれいに平らげたあとは骨に湯を掛けスープとして味わう。骨をしゃぶり、最後は猫に。そこまでいけば食われた魚も本望だ▼大阪の料亭に生まれ、子供のころから食事の作法をしつけられた。魚を残したりす.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら