Free八甲田山系で初冠雪 昨年より21日早く

八甲田ロープウエー山頂公園駅付近ではうっすらと積もった雪が確認された=15日午前7時ごろ(八甲田ロープウエー提供)
八甲田ロープウエー山頂公園駅付近ではうっすらと積もった雪が確認された=15日午前7時ごろ(八甲田ロープウエー提供)

青森地方気象台は15日、八甲田山系で初冠雪を観測したと発表した。平年より2日、昨年より21日早い。同気象台によると、同日の青森県内は上空1500メートルに氷点下約3度の寒気が流れ込み、各地で冷え込みが強まった。寒さは16日も続き、標高の高い山では雪が降る可能性があるという。

 15日午前7時ごろ、八甲田ロープウエー山頂公園駅付近では、今季初めて雪がうっすらと積もった。八甲田ロープウエー事業部の鈴木壮太郎業務副主任は「昨年よりも早い初雪。厚着が必要になるほど冷え込んできた」と話し、冬の足音を感じ取っていた。