高レベル最終処分の現確約、柏木副知事「留保なしの明確な方針」と見解

国と青森県が県内を高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分地にしないと確約した1995年の文書にある「知事の了承なくして」の文言は現在も引き継がれているのか―。柏木司副知事は15日の県議会決算特別委員会で、2008年に国が出した文書を引い.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら