青函連絡船の悲劇継承を 函館市沖の海底に眠る「第四青函丸」

 沈没する前の第四青函丸(函館市青函連絡船記念館摩周丸提供)
 沈没する前の第四青函丸(函館市青函連絡船記念館摩周丸提供)
北海道函館市沖の海底で今年7月、戦後75年の時を経て「第四青函丸」が見つかった。本州経済の生命線だった当時の青函連絡船12隻は、米軍の攻撃でほぼ全滅した。NPO法人「語りつぐ青函連絡船の会」(同市)の高橋摂事務局長(65)は「戦線から遠く離.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら