出来秋を実感 三沢・おおぞら小児童が稲刈り

刈り取った稲を運ぶ児童
刈り取った稲を運ぶ児童
三沢市立おおぞら小(眞石卓生校長)の4~6年生39人が8日、同市のラムサール条約登録湿地・仏沼の西側にある、農事組合法人フラップあぐり北三沢の田んぼで稲刈りを体験し、出来秋を感じ取った。 同校は毎年、食と農業に理解を深める目的で、おいらせ農.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら