全国初の出土例 かまどから直立の大刀/八戸・法霊林遺跡

青森県埋蔵文化財調査センターが発掘調査を行った法霊林遺跡(八戸市)で、竪穴建物跡のかまどの排煙部から方頭大刀(ほうとうたち)が出土した。遺跡からは7世紀末~8世紀の竪穴建物跡9棟が出土。大刀はこのうち、床面積約60平方メートルの最も大きい建.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら