凶器のネクタイ「自分が死ぬために用意」/八戸・強盗殺人

昨年10月、八戸市市川町の無職女性=当時(81)=を殺害し、現金などを奪ったとして強盗殺人の罪に問われた同市下長2丁目、無職女(60)の裁判員裁判の第2回公判が13日、青森地裁(寺尾亮裁判長)であった。女は被告人質問で「(凶器の)ネクタイは.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら