山内神楽を次世代へ 郷土芸能教室/軽米・晴山小

山内神楽の練習をする児童
山内神楽の練習をする児童
軽米町立晴山小(八幡美奈子校長)で8日、同町の山内神楽保存会(工藤敬一会長)による郷土芸能教室が始まり、児童が刀や扇子を手に生き生きと舞った。 幼少期から民俗芸能に親しむ機会をつくり、後継者育成につなげようと、岩手県県北広域振興局が本年度初.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら