時評(10月13日)

原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場選定を巡り、北海道の寿都町と神恵内村が国の調査に参加すると表明した。 最終処分は極めて強い放射線を扱い、数万年から10万年という想像を絶する長い期間を要する厄介で重い課題である。これか.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら