天鐘(10月13日)

「つまづいたっていいじゃないか…」は書の詩人、相田みつをの詩『にんげんだもの』。人生、七転び八起きが当たり前なのに、官僚の世界は完全無欠の「無謬(むびゅう)性」が前提らしい▼行政の共通概念で、官僚や公務員は間違いを起こさないようになっている.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら