企画展「白神山地の縄文」スタート/是川縄文館

津軽ダム建設に伴って出土した土器や土偶なだどを展示する会場=9日、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
津軽ダム建設に伴って出土した土器や土偶なだどを展示する会場=9日、八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館
八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館の秋季企画展「白神山地の縄文」が10日に始まる。西目屋村の津軽ダム建設に伴って発掘調査され、出土した土器や土偶などを250点以上を紹介。企画展を担当する市川健夫学芸員は「是川遺跡との違いや共通点などがよく分.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら