聖寿寺館跡(南部)で礎石建物の痕跡 住居以外の可能性

礎石建物の痕跡とみられる罫書線が見つかった石=9日、南部町の聖寿寺館跡
礎石建物の痕跡とみられる罫書線が見つかった石=9日、南部町の聖寿寺館跡
戦国時代に北奥羽地方で最大の勢力を誇った三戸南部氏が拠点とした南部町小向の国史跡「聖寿寺(しょうじゅじ)館跡」について、町教委は9日、城館敷地内に、柱を石の上に据える「礎石建物」の痕跡を見つけたと発表した。室町・戦国時代、礎石建物は寺社に多.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら