三戸出身の溝口さん 歴史小説「永遠の卑弥呼」出版/研究成果、独自の物語に

歴史小説「永遠の卑弥呼」を執筆した溝口禎三さん(家族提供)
歴史小説「永遠の卑弥呼」を執筆した溝口禎三さん(家族提供)
東京都で税理士事務所を経営する溝口禎三さん(67)=三戸町出身=が執筆した歴史小説「永遠の卑弥呼」が9月、春燈社(東京)から刊行された。舞台は3世紀ごろ日本に存在したとされる邪馬台国(やまたいこく)と、三国時代の中国。本業の傍ら、古代史や日.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら