【高レベル最終処分場・調査応募表明】〈評論〉町村の判断縛れぬ現実 青森県にも突き付けた課題

北海道の寿都町と神恵内村が、高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定第1段階に当たる文献調査に進む方針を示し、長く停滞していた「核のゴミ」問題が動き出すことになった。寿都の応募検討が表面化してから約2カ月。一連の議論で浮き彫りになったのは、道の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら