【高レベル最終処分場・調査応募表明】六ケ所の関係者、期待と不安交錯

日本原燃の一時貯蔵施設。高レベル放射性廃棄物はオレンジ色のふたの下に収納される=2019年6月、六ケ所村
日本原燃の一時貯蔵施設。高レベル放射性廃棄物はオレンジ色のふたの下に収納される=2019年6月、六ケ所村
高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体=核のゴミ)の最終処分場選定に向けた文献調査に、北海道の寿都(すっつ)町と神恵内(かもえない)村が進む方向となった8日、固化体が一時貯蔵されている六ケ所村の関係者は「村の重要課題がやっと動き出した」と期待感.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら