Free精米所に「米けっ!」の名物壁画 ネットで話題、ファン訪問も/七戸

「米けっ!」のフレーズとたくましい女性が印象的な精米所のイラスト=6日、七戸町道ノ下
「米けっ!」のフレーズとたくましい女性が印象的な精米所のイラスト=6日、七戸町道ノ下

米俵を担ぐたくましい女性に、吹き出しには「米けっ!」の文字。七戸町道ノ下の「ワークショップ小笠原七戸店」(小笠原義信代表)にある精米所の壁に描かれたイラストが、「個性的だ」と数年前からインターネット上にたびたび投稿されている。地元でもちょっと変わった“名物壁画”として、注目度が高まっている。

 イラストは同店の敷地内にある精米所の裏側に描かれたもので、国道4号沿いに面しているため、一度目にしたら、記憶に残っているドライバーも多い。

 同社によると、描かれたのは2014年ごろ。同社七戸店の移転改築の際、小笠原代表が「集客につながれば」と知人の男性エアブラシ職人に頼んだのがきっかけだという。

 職人は現在、神奈川県在住で、当時は仕事でたびたび東北町も訪れていた。その中で、青森県の方言で「食え」を「けっ」と言うのにインパクトを受け、イラストを描く際、このフレーズを用いることを決めたという。職人は「食欲をかき立てるようにしたかった」と当時を振り返る。

 一度見たら忘れられないイラストに、“ファン”が訪れ、ネットに投稿しているようだ。来店者の中には、店員に記念写真の撮影を頼む人もおり、小笠原代表は「面白い絵を描くなと感心していたが、写真を撮りに来る人がいるとは思わなかった」と驚きを隠さない。

 同店では今月31日と11月1日にフリーマーケットを予定しており、当日の出店者を募集中。小笠原代表は「イラストを間近で見る機会にもなる。ぜひ足を運んでもらえたら」とアピールしている。