タービン建屋地下に油溜まり/東通原発1号機

東北電力は7日、東通原発1号機(東通村)のタービン建屋地下1階(管理区域内)で、床に油がたまっているのを確認したと発表した。量は約0・04リットルで、放射性物質は含まれていない。外部への流出はなく、環境への影響もないとしている。 原因や油の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら