「青森県を高レベル最終処分場にしない」確約は民主主義の範囲外? 国と鹿内県議が論戦

高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)について、青森県が国と交わしている「県内を最終処分地としない」とする確約は民主主義の外側にあるのか―。7日に開かれた県議会原子力・エネルギー対策特別委員会で、鹿内博県議(県民の会)は確約の効力に対する国の見解.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら