「ジュースになるのが楽しみ」障がい者施設でブドウ収穫作業/東北町

ヤマブドウを収穫する利用者ら
ヤマブドウを収穫する利用者ら
東北町の障害者支援施設「日中活動支援センターつばさ館」(鈴木久美子園長)のビニールハウスで栽培しているヤマブドウが収穫期を迎え、利用者らが作業に精を出している。ヤマブドウはジュースや酢に加工して販売する。 元東北町長で、同施設を運営する社会.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら