コロナ対策配慮、避難所開設・運営の手順確認 三沢市防災訓練

避難者役の職員(右)にチェックボードを示し、健康状態などを確認する運営係役の職員
避難者役の職員(右)にチェックボードを示し、健康状態などを確認する運営係役の職員
三沢市は3日、市国際交流スポーツセンターなどで、大地震の発生を想定した防災訓練を実施した。職員約70人が、感染拡大防止や十分な距離の確保など、新型コロナウイルス感染症対策に配慮した避難所の開設・運営の手順や注意点を確かめ、いつでも起こり得る.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら