【新型コロナ】タクシー車内の微粒子飛散を実証実験/八工大

後部座席からの空気の流れをスモークを使って可視化した実証実験
後部座席からの空気の流れをスモークを使って可視化した実証実験
新型コロナウイルスの感染防止策に関する調査研究に取り組む八戸工業大は9月29日、同大敷地内の自動車工学センターで、タクシーに見立てた車両内でエーロゾル(微粒子)が飛散する様子をスモークを使ってシミュレーションする実証実験を行った。八戸市など.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら