三陸津波の教訓今へ 「地震海鳴りほら津浪」の石碑改修/八戸

完成した記念碑を訪れた中村会長。正面には「地震海鳴りほら津浪」と記される=1日、八戸市の館鼻公園
完成した記念碑を訪れた中村会長。正面には「地震海鳴りほら津浪」と記される=1日、八戸市の館鼻公園
1933年(昭和8年)に東北地方沿岸部を襲い、甚大な被害をもたらした昭和三陸地震の大津波。その教訓を伝える「海嘯(かいしょう)災記念碑」が八戸市の館鼻公園にある。津波の危険を訴え、古里を災害から守ってきたが、長い年月でぼろぼろになり、いつし.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら