Free朝のニュースダイジェスト(10月2日)

【宿泊費を最大5500円補助】
 むつ市は1日、青森県民を対象に、市内14施設への宿泊で最大5500円を補助するキャンペーンの予約を5日から始めると発表。対象期間は10日から来年3月末まで。

【コロナ解雇者931人に】
 青森労働局は1日、新型コロナウイルスの影響で解雇や雇い止めされた青森県内の労働者が9月25日時点で、見込みも含めると49事業所、931人になったと明らかにした。

【稲刈り進捗率は40%】
 青森県は1日、稲刈り進捗状況(9月30日現在)を発表。県全体の進捗率は40%。地域別の進捗は三八30%(平年34%)、上北13%(16%)、下北31%(43%)となっている。

【短観は6ポイント改善】
 日本銀行青森支店は1日、青森県内の9月期の経済短期観測調査(短観)を発表。業況判断指数(DI)は全産業がマイナス15で、前期調査(6月期)から6ポイント改善した。

【むつ市がラインの公式アカウント開設】
 むつ市は1日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の公式アカウントを開設したと発表。「プッシュ通知」の機能を生かし、災害時の迅速な情報発信などに役立てる。