むつ小川原開発地区、自動運転テストコース立地可能性調査へ

青森県が六ケ所村のむつ小川原開発地区で、自動運転の研究開発や実証実験に用いるテストコースの立地可能性を調査することが1日、県への取材で分かった。自動運転で利用される人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)といった先端技術を持つ企業が.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら