階上で大ぶりサイズのハナビラタケ 白石さん(八戸)発見

階上町の山林で発見したハナビラタケ(白石吉広さん提供)
階上町の山林で発見したハナビラタケ(白石吉広さん提供)
八戸市の白石吉広さん(65)が9月27日、階上町の山林で、珍しいキノコ「ハナビラタケ」を見つけた。幅約30センチと大ぶりのサイズで、白石さんは「前にも見つけたことはあるが、こんなに大きなものは初めて。『やった』と思ったよ」と喜んでいる。 息.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら