三沢漁港沖で定置網漁中に男性けが/八戸海保

30日午前11時45分ごろ、三沢市の三沢漁港北約6キロ沖で定置網漁をしていた「第五協栄丸」(19・72トン)の船上で、同市の漁業の70代男性の腹部にいかりがぶつかり、内臓損傷のけがを負った。男性はドクターヘリで八戸市内の病院に運ばれたが、命.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら