Free朝のニュースダイジェスト(9月30日)

【三日町の地価は横ばい】
 青森県が29日発表した2020年7月1日時点の県内地価(基準地価)で、八戸市中心街の「同市三日町4の1」の価格(1平方メートル当たり)は、13万2千円で横ばいだった。

【八戸市庁の食堂きょう閉店】
 八戸市庁本館の地下1階にある食堂が30日、約40年間の歴史に幕を閉じる。1981年のオープンから多くの市民らの胃袋を満たしてきた。

【ふるさと納税返礼品発送で契約】
 三戸町と日本郵便は29日、ふるさと納税返礼品の発送業務に関する契約を結んだと発表した。農家ら事業者が個別に行っていた発送作業を町が支援し、作業量の軽減を図る。

【八戸・南郷でソバの収穫始まる】
 八戸市南郷で在来品種のソバ「階上早生」の収穫が始まった。29日はさわやかな秋晴れの下、生産者がコンバインで刈り取りに汗を流した。

【六戸町が小中一貫校検討】
 六戸町が小中学校の児童生徒減少や校舎の老朽化を踏まえ、小中一貫校の設置を検討していることが29日、分かった。