青森県警察学校卒業式 28人一線署へ「全力で責務を果たす」

卒業生を代表し、答辞を述べる作田遼太郎巡査(手前)
卒業生を代表し、答辞を述べる作田遼太郎巡査(手前)
青森県警察学校(加藤徹校長)は25日、青森市の同校で初任科第138期生の卒業式を開いた。半年間で法学や逮捕術などを学んだ卒業生28人(男性21人、女性7人)が、一線署での勤務へと羽ばたいた。 式では、加藤校長が一人一人に卒業証書を手渡し、「.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら