コロナ感染防止へ飛沫可視化 八工大の取り組み進む

エーロゾルに見立てたスモークで拡散ルートなどを確認した実験=9月上旬、八戸市立市民病院(浅川拓克准教授提供)
エーロゾルに見立てたスモークで拡散ルートなどを確認した実験=9月上旬、八戸市立市民病院(浅川拓克准教授提供)
新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立てようと、八戸工業大が、目に見えないエーロゾル(微粒子)の可視化に取り組んでいる。スモークを使って、ウイルスが飛散する様子をシミュレーションする方法で、感染症病棟などを有する八戸市立市民病院で今月、初め.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら