東通原発の新規作業員にPCR検査 東北電、10月下旬から

東北電力は28日、新型コロナウイルス感染防止対策として、10月下旬から東通原発(東通村)と女川原発(宮城県)で新しく働く作業員にPCR検査を実施し、陰性を確認した上で受け入れると発表した。 原発の新規作業員に対しては、過去2週間の健康状態や.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら