「下北ワインオーナー」の特典拡充 弘大生のアイデア採用

学生たちはビデオ会議システムを活用し、下北ワインオーナー制度の新たな特典を発表した
学生たちはビデオ会議システムを活用し、下北ワインオーナー制度の新たな特典を発表した
むつ市川内町のサンマモルワイナリー(北村良久社長)は「下北ワインオーナー制度」をリニューアルした。これまではオーナー限定ワインなどを贈るだけだったが、弘前大生3人が提案したワイン割引販売や、ブドウ収穫体験などのアイデアを採用。特典とサービス.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら