Free仕事のやりがいは? 進路選択の参考に/大野高生、県内企業5社と交流

企業の担当者の説明を聞く生徒
企業の担当者の説明を聞く生徒

岩手県立大野高(中野達博校長)で23日、1、2年生約45人を対象としたお仕事交流会が開かれた。生徒たちは、参加した洋野町や久慈市などの企業5社の担当者から仕事内容ややりがいなどを聞き、将来の進路選択の参考にした。
 県内企業と交流することで、多様な業種に対する理解を深め、生徒の職業観を育てて進路の選択肢を広げるのが目的。
 参加企業は、ケイセイエンジニアリング東北事業所、筑波重工(以上洋野町)、久慈地方「木の仕事」協議会、ヘアーメイクhAnA.(以上久慈市)。盛岡市の情報通信業ネクストはオンラインで参加した。
 医療用部品を製造しているケイセイエンジニアリング東北事業所は、担当者が生徒に医療用ホチキスを紹介。実際に八戸市内の病院で使われていることなどを説明した。
 2年の新井田(にいた)結菜さん(16)は「接客業に就きたいと思っているが、美容師もいいし木材に関わるのもいいなと思った。選択肢を広く持って、就職先を決めていきたい」と話した。