Free朝のニュースダイジェスト(9月26日)

【青森県内志望73人 医師臨床研修マッチング】
 医師臨床研修マッチング協議会は25日、「医師臨床研修マッチング」の中間結果を公表。青森県内の病院を第1志望に選んだ来春卒の医学生は前年同期比9人減の73人だった。

【風間浦3漁協が合併承認】
 風間浦村の下風呂、易国間、蛇浦の3漁協は25日、それぞれ臨時総会を開き、合併を承認。今後、新漁協「風間浦漁協」の設立委員会を立ち上げ、12月1日の合併に向かう。

【八戸ワイン 新商品4種発売】
 八戸ワイナリーは10月1日、新作の赤ワインとアップルワイン各2種を発売する。いずれも青森県南地域で収穫した果実を使用した。

【ゴボウ農家の所得向上へ】
 六ケ所村が平沼地区に整備したゴボウの貯蔵選別施設が完成。村は農作業の効率化や、出荷時期の調整による農家の所得向上につなげたい考えだ。

 【核ゴミ拒否 久慈市議会が請願採択】
 久慈市議会は25日の定例会議で、原発から出る高レベル放射性廃棄物を持ち込ませない条例制定を求める住民団体からの請願を採択した。市は今後条例化を検討する。