Free10月1日から「酔っ払いに愛を」/八戸 横丁の魅力発信イベント

各イベントをPRする関係者=24日、八戸市
各イベントをPRする関係者=24日、八戸市

八戸市中心街にある八つの「横丁」の魅力を発信するイベント「八戸横丁月間酔っ払いに愛を2020」が10月1日から1カ月にわたって開かれる。路上や店舗を舞台にパフォーマンスを繰り広げる「横丁オンリーユーシアター」や数軒の飲食店を巡る「飲みだおれラリー」など多彩な催しが企画されており、新型コロナウイルスの感染予防対策を講じた上でまちなかのにぎわい創出を目指す。
 横丁月間は今年で7回目。実行委員会のメンバーが24日、八戸屋台村「みろく横丁」で記者会見を開いて概要を説明した。
 オンリーユーシアターは2~4日の3日間、中心街各地の店舗や路上で開かれ、計8組のパフォーマーが出演。2日午後6時からはマチニワでオープニングイベントとして、ダンサーの五十嵐結也さんがパフォーマンスを披露する。
 11日午後4時~7時半には、同市六日町の「味ビル」から「はせビル」までの約180メートルを歩行者天国にする「さかな町 夜の歩行者天国」を開催。屋台の出店やマグロ解体ショーなどが企画されている。
 「横丁連合飲みだおれラリー」は28日午後5時にスタート。八つの横丁の指定された5軒を巡ると、豪華賞品が当たる抽選会に参加できる。チケットは当日券のみで1枚2千円。
 月舘裕二実行委員長は「新型コロナで市内の飲食店は大打撃を受けている。少しでも市民の元気につながれば」と意気込みを語った。
 問い合わせは「はっち」=電話0178(22)8228=へ。