【連載・世界のJOMONへ】第4部 見えてきた登録(5・完)地下の遺跡どう説明

三内丸山遺跡で導入しているITガイド(上)と伊勢堂岱遺跡の環状列石
三内丸山遺跡で導入しているITガイド(上)と伊勢堂岱遺跡の環状列石
青森県など4道県が世界遺産登録を目指す「北海道・北東北の縄文遺跡群」は遺構の大半が地下にある。この場所に何があり、当時の人々がどんな暮らしをしていたのか、訪れた人たちに説明することが大きな課題となる。その手段として「復元」という方法があるが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録