名久井農業高1年生が農家支援活動/農作業理解深める

開始式で川守田義雄会長(右)から激励を受ける生徒たち
開始式で川守田義雄会長(右)から激励を受ける生徒たち
青森県立名久井農業高(浅利成就校長)は18日、南部町内の園地で秋季農作業支援活動を展開し、生徒が農家を手伝いながら工夫や苦労に理解を深めた。 農作業支援活動は春と秋に行い、1年生が農業の現場を知る恒例行事。ただ、本年度は新型コロナウイルス感.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら