幽玄な舞台、厳かに 大祐神社(八戸)で「眉月の集い」

かがり火がたかれた境内で、舞踊や群読が展開されたイベント
かがり火がたかれた境内で、舞踊や群読が展開されたイベント
八戸市湊町下条の大祐神社で20日、「ジパングルネサンス 眉月(びげつ)の集い」が開かれた。かがり火がたかれた境内や神楽殿で、舞踊や群読、楽器演奏などが披露され、訪れた観客が幽玄な雰囲気の中、上演に見入った。 市文化協会会員の鈴木章裕さんが脚.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら