八戸・毘沙門のイチョウ ナラタケ病の殺菌作業続く

「毘沙門のイチョウ」の診断結果を公表する斎藤嘉次雄さん(右)=23日、八戸市
「毘沙門のイチョウ」の診断結果を公表する斎藤嘉次雄さん(右)=23日、八戸市
ナラタケ病で衰弱している八戸市田向にある毘沙門公園の「毘沙門のイチョウ」の公開樹木診断が23日、現地で行われた。今年は昨年の倍近い約100個のギンナンが複数箇所で実り、回復傾向ではあるものの、地中では菌糸が根の深くに広まっているため、引き続.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら