守護大名級の居館存在か 南部町・聖寿寺館跡に巨大区画

昨年度の発掘調査時の聖寿寺館跡。赤い線で囲まれた部分が新たに発見された100メートル四方の区画=2019年10月、南部町(町教委提供画像を一部加工)
昨年度の発掘調査時の聖寿寺館跡。赤い線で囲まれた部分が新たに発見された100メートル四方の区画=2019年10月、南部町(町教委提供画像を一部加工)
戦国時代に北奥羽地方で最大の勢力を誇った三戸南部氏が拠点とした南部町小向の国史跡「聖寿寺館(しょうじゅじたて)跡」について、町教委は23日、北東の一角に堀や溝に囲まれた100メートル四方の区画が見つかったと発表した。これまで倉庫や工房があっ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら