天鐘(9月24日)

「百日紅(ヒャクジツコウ)」と書いて「サルスベリ」と読む。淡紅色の美しい花だからそのままの方がお似合いなのに、猿も登れないほどつるつるの樹幹からサルスベリの和名で呼ばれている▼中国唐代の都長安の宮廷(紫微(しび))にたくさん植えられていたた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら