「下北ワイン」用のブドウ収穫始まる/むつ

下北ワインの原料となるブドウを収穫する作業員=23日、むつ市川内町
下北ワインの原料となるブドウを収穫する作業員=23日、むつ市川内町
むつ市川内町袰川地区で、サンマモルワイナリー(同市、北村良久社長)が製造する「下北ワイン」の原料となるブドウの収穫が本格化している。23日は社員とアルバイト計15人が、白ワイン用の品種「ライヒェンシュタイナー」を収穫した。 計11・3ヘクタ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら