【連載・強まる再編圧力 青銀、みち銀の行方】(下)

経営環境が厳しさを増す青森銀行(上)とみちのく銀行。生き残る道を模索している
経営環境が厳しさを増す青森銀行(上)とみちのく銀行。生き残る道を模索している
青森県を地盤に半世紀以上、しのぎを削ってきた青森銀行とみちのく銀行。その歩みは対照的だ。 青銀は、県内初の銀行として1879年に創業した第五十九国立銀行が前身。1943年に第五十九、青森、八戸など5行が合併し、現在の青銀が誕生した。県都・青.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら