八戸消防本部に住警器50個寄贈/県消防設備保守協会

目録を手渡す坂本憲昭副会長(右)
目録を手渡す坂本憲昭副会長(右)
青森県消防設備保守協会(野呂潤会長)は17日、八戸消防本部(田村勝則消防長)に、住宅用火災警報器50個を寄贈した。住警器は八戸消防署が災害時要援護者宅に設置する予定。 同協会は県民の火災防止意識の高揚を目的に、2010年度から寄贈を続けてい.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら